• ホーム
  • ニキビを治す薬には何が良い?低用量ピルのマーベロンがおすすめ!

ニキビを治す薬には何が良い?低用量ピルのマーベロンがおすすめ!

ニキビを治す際にはマーベロンを使用することも有効です。マーベロンは低用量ピルの1つであり、避妊に用いられることも多くなっています。少量の卵胞ホルモン薬と黄体ホルモン薬が配合されていて、女性ホルモンのバランスを整えることが出来ます。ニキビの原因となる男性ホルモンの働きを抑制することにより、ニキビ改善効果が期待できる仕組みになっています。女性ホルモンが増えることに体が反応するため、最初のころは頭痛などの副作用が出ることもあります。しかし、マーベロンを飲んでいる状態に体が適応していくことによって、副作用は現れにくくなります。

マーベロンには21錠入りと28錠入りという2種類が存在します。この2つは単に入っている錠数が異なるというだけではなく、飲み方に違いがあるので注意が必要となります。21錠入りの方を使う場合には毎日1錠ずつ21日間飲み続けます。その後7日間の休薬期間を設け、再び21日間の連続服用を繰り返します。28錠入りの場合は28日間定められた順番に飲み続けます。どちらであっても効果に違いはありません。コストを抑えたい場合には21錠入りを、休薬期間を設けるのが面倒という方の場合は28錠入りを飲むのが有効です。飲み忘れた場合にはその時点で飲むようにすれば問題ありませんが、次の服用のタイミングが近いときは1回分を飛ばすようにしましょう。服用間隔を空けるためです。

マーベロンは避妊薬としても知名度が高く、世界80か国以上で服用されています。ニキビだけではなく、生理痛の緩和にも使用することが出来ます。生産されている数自体も多く、比較的安価で入手できることもあります。マーベロンは通販サイトでも購入でき、その場合はより安く手に入ることが多いです。マーベロンにはそれほど大きな副作用がありません。ただし、ホルモンバランスが変化することによって不正出血などが起こることもあります。不正出血はマーベロン服用から1週間以内に治まることがほとんどです。

万が一治まる傾向が見えない場合には服用を中断しましょう。ニキビを治す薬としてのマーベロンは1回の服用忘れがあってもそれほど影響がありません。しかし、避妊薬としての効果は1回でも忘れると下がってしまいます。それゆえに服用を忘れたときには効果を過信しないようにしましょう。毎日決まった時間に飲む習慣をつけることで、確実に飲み続けられる可能性が上がると言えるでしょう。